仮想通貨を今買って20年待って考えられないほどの富を得る

先週カリフォルニア州サンタモニカでICO 2.0 Summitを開催しました。

私の関心を引いたものはアメリカの証券取引委員会が

暗号通貨がバブル期に入ってる可能性を指摘したことです。

 

暗号通貨のコミュニティは新規公開コインに常に強気です。仮想通貨の価値は

大きく膨らみ始めています。新規公開コインは今年記録的に30億ドルを突破しています。

 

これらの問題や他の懸念事項について興味深いコメントが

いくつかありました。証券取引会は何をするでしょうか?

私はいくつかの弁護士と話しました。

そして証券取引委員会の会長が会議で大きな手がかりを述べました。

ニューヨークの証券取引所の演説の途中で

非公式の発言の中で彼は仮想通貨は証券と認められていないことに触れました。

 

これはデジタルコインが実際に有価証券であり

証券規制の対象となる規則があれば新規公開コインはより複雑でその価値が高くなります。

クラウドチェックのCEOサラハンクスは

新規公開コインの企業家は証券取引委員会の外で新規公開コインを行うことについて

非常に注意深く考えなければならないと語っています。

 

法的地位を改正するための計画を持っていたとしても

もし証券取引委員会が安全なルールを定めれば

良いことになりますが証券取引委員会はトークンを嫌うわけではなく詐欺を嫌っています。

 

これまでのところを暗号通貨の取引所コインベースは

ハッキングを含む330件の苦情がありました。2016年はわずか7件でした。

 

スタートエンジンのCEOである

ホワードマークス氏はこの問題を最もよく取り上げました。

彼はICOを影から守り法律に準拠させることがICO共同体の最大の課題であると述べています。

 

この会議では2回にわたって暗号通貨がバブルではないかと議論されました。

フライトベンチャーズのパートナーであるLou Kernerは

現在の暗号通貨の状態を amazon が最初

1.5ドルから86ドルに上昇し57倍になった状況に似ていると話しています。

それはバブルだったでしょうか?

今ではより価値が高まっています。

現在1130ドルあたりで取引されています。Kerner氏によるとこれはバブルではありません。

20年待って考えられないほどの富を得ることができるだろうと述べています。

 

サイエンス社のマイク・ジョーンズCEOは、需要が収縮するとバブルが爆発すると語っています。

現在は暗号通貨の需要が高まっていて今後も上昇すると見ています。

コインベースは1日に4万から5万人の新規ユーザーを追加していることを述べています。

 

そしてまだ機関投資家は入ってきていません。

証券化された新規公開コインであってもまだ早すぎると述べ現在機関投資家は

興味がなく傍観している状態です。

 

私が聞いた最も興味深い事実についてですが

フィデリティは暗号通貨を全面的に担当する

25人のチームがあります。

CEOのアビゲイル・ジョンソンが

暗号通貨を信じていることはわかっていましたが

チームに関するニュースは驚くべきものでしたアメリカの株式と

債券市場の希望に仮想通貨が入り込んで行くと

それはこの市場全体がさらに盛り上がることになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です