有望な次期新規公開コイン

今週の初めにコインベースのCEOBrian Armstrongは今後数ヶ月間

ビットコインの市場に100億ドルの機関投資家の資金が流れ込むことを明らかにしました。

 

これによってビットコインの流動性は指数関数的に上昇し従来の資産や金、

準備通貨などの通貨と競合します。

米ドルや日本円のような世界的な決済通貨制度と

準備通貨は中央機関によって発行、管理、操作されています。

 

通貨の価値は消費者が準備通貨を使用して、

より堅牢なお金の形式や、ビットコインや金などの価値に移ることを望んでいない場合は

グローバル経済にヘッジされています。

しかしフィアットの通貨システム(円、ドルなど)は最終的に低下します。

 

実際の問題はビットコインがどれぐらいの価値に到達するかではなくて

本当の問題はすべてのフィアットの通貨がゼロになると無責任なお金の印刷は

ある日突然終わることになります。

 

長期的には世界の金融業界からのビットコインに対する関心と需要があることから

ビットコインはゴールドと準備通貨の競争に移行し

歴史の中ではじめて通貨通貨システムをテストする可能性が高くなりつつあります。

ビットコインは2100万の供給が行われ

ネットワーク上の誰もが全てのトランザクションのコピーを

持っているのでそれを偽造することはできません。

 

ブロックチェーンの暗号化を使用して所有権を証明することができます。

これを書いてる時点でビットコインは8000ドル相当の価値があります。

2010年半ばたったの0.008ドルでした。

ビットコインは過去12ヶ月の間1010%上昇し

競合のイーサリアムトークンは同時期に3659%上昇しました。

今や35億ドル以上の時価総額を誇っています。

 

コインのいくつかは世界の新準備通貨になると信じています。

その他はイーサリアムのようなトークンは、

金融やインターネットのインフラを支えていくことを確信しています。

これらのほとんどが将来の大きな意味合いを持つアイデアです。

仮想通貨市場は燃えるようにその市場全体の価値は230億ドルを突破しています。

ビットコインの合計は138億ドルを占め

より多くのコインとトークンが毎日登場しています。

この夏ブレイブというスタートアップは

新規公開オファリングを介して30秒で33万ドルを調達しました。

ブレイブのトークンは(BAT)と呼ばれています。

独自のWebブラウザ上で実行することを目指し

同社は10億枚のコインを販売しました。

BATはICO以来約600%上昇

そしてそれは、すでに数十の取引所にて取引されています。

これは非常にエキサイティングなものです。

新しいタイプの資金を調達するための新しい方法です。

イーサリアムは非常に有望です。しかしそれは35億ドルの価値は本当にありますか?

それは少し早すぎるくらいです。

 

そして今新しいICOあります

いくつかは詐欺のようでプロジェクトのほとんどは平凡です。

Civic.comの次期ICOはブレイブのように有望に見えます。

それは私が今まで見た中で最もユニークな収益性と

潜在的に破壊的に高騰する現象の一つです。

ビットコインのハードフォーク「分割」について

SegWit2xとして知られるビットコインの「分割」について

聞いたことがあるかもしれません。

数週間前に取り消され、わずか1週間前に通知されました。

これらの出来事を理解することは重要ですのでこれがどのように働いていて何を意味するのかを話します技術的にはこの分割されるイベントはハードフォークと呼ばれますビットコインのマイナーが規則を気に入らず分割して新しいバージョンを作成します。

ハードフォークはビットコインキャッシュで起こりました

ビットコインのマイニングをかなりの割合で保有するマイナーのグループは分散化されていない支払いに重点を置いたコインを望んでいませんでした

その結果としてハードフォークはビットコインの価格に顕著な影響を及ぼしませんでしたがビットコインの所有者は無料のビットコインキャッシュを入手しました

これはビットコインを増やすために売却するかまたはヘッジの手段として保持することができます

 

SegWit2xの失敗がBitcoinに適している理由

マイナーの約80%がサポートしていました

しかしオリジナルのビットコインのコミュニティはSegWit2xに強く反対しました。

重要なことはビットコインのコアの開発チームはこの変更に強く反対したことです

Bitcoin Foundationの「コア」のソフトウェアである

Bitcoin Coreからの移行を意味していました。

 

したがって、常にビットコインのコアコードを実行していた人たちは

強い影響力を発揮することができません

そのため市場はもうBitcoin Coreのコードが好きではないと判断し

他に切り替えることができます。

 

しかしコミュニティは依然としてBitcoin Core開発者のビットコインのビジョンを

サポートしています

マイナーや取引所だけがこのフォークを望んでいたようです。

人々はSegWit2xに激怒し、それを敵対的な攻撃と呼びました。

 

その理由のひとつとしてリプレイ保護がありませんでした

つまり、S2Xのコインはおそらくビットコインのブロックチェーンと混ざり、

いくつかの問題を引き起こした可能性があります。

 

SegWit2xの反対派は

この開発は十分にテストされていないと述べています

そしてそれはブロックチェーンが持続することを不可能にする

可能性があることにつながります

メガコンピュータだけがそれを掘り起こしたり「ノード」を動かすことになります

これは本当に戦いでした。

マイナーや取引所はSegWit2xをサポートしていましたが

Bitcoin Coreと大きなコミュニティが反対しました。

 

Bitcoin Coreと元のコミュニティが勝ったのです。

これはビットコインにとって非常に良いことです。

それはフォークをもう一度やり直さないということを意味するのではなく、

コミュニティーがビットコインの方向性に大きな発言をしていることを示しています

 

マイナーはSegWit2xを取り除くことができると考えました。

彼らは非常に自信がありました。

彼らはマイニング権の85%を持っていました。

 

Bitcoinはまだ初期の段階からそれを維持してきた人々によって運営されています

 

そして2017年末にCME Groupの投資先物に

ビットコイン交換取引所の資金が追随する可能性があるため、

ビットコインおよびすべての暗号通貨にとって重要な時です。

ビットコインが安全で豊かな取引手段になることがより確実になりました。

朗報 Rippleを手に入れてください

American ExpressはRippleNetに加わります。

American Expressはリップルのブロックチェーンネットワークに参加して

リアルタイムでB2Bのグローバルな支払いを提供します。

その結果顧客のエクスペリエンスを向上させます。

当初はAmerican Express FX International Paymentsがサンタンデール・UKと提携し、アメリカとイギリスの取引チャネルを構築しましたがアメリカはイギリス最大の貿易相手国でありイギリス史上における摩擦のない商業的なグローバルの即時支払いの必要性を生み出しています

そのためより迅速でより良いサービスを提供するために提携しています

RippleNetのパワーを活用することにより、FXIPの顧客は世界中に送金する方法がすぐに改善されることに気付くでしょう。Rippleのブロックチェーン支払いは従来の支払い処理と比較して仲介者との接続を簡素化して取引の状態とコストを削減できます

リップルとのパートナーシップは、国際取引が処理されるまでの時間を短縮するだけでなく、取引をより効果的にすることができより少ない費用で済むようになります。

 

FXIPはアメリカとイギリスの国境を越えた送金にサンタンデール・UKと提携することで、

商業支払いを合理化するだけでなく世界的に支払いの機会を提供します。

 

リップルの最高経営責任者ブラッド・ガーリングハウスはリップルは、American Expressとサンタンデールが法人顧客がグローバルな支払いで経験する問題を解決するために大きな前進を遂げていると述べています送金をリアルタイムで完了しビジネスはより加速します

リップルのネットワークが拡大しています。

いますぐRippleを手に入れてください

 

American ExpressはRippleNetに加わります。

American Expressはリップルのブロックチェーンネットワークに参加して

リアルタイムでB2Bのグローバルな支払いを提供します。

その結果顧客のエクスペリエンスを向上させます。

当初はAmerican Express FX International Paymentsがサンタンデール・UKと提携し、アメリカとイギリスの取引チャネルを構築しましたがアメリカはイギリス最大の貿易相手国でありイギリス史上における摩擦のない商業的なグローバルの即時支払いの必要性を生み出しています

そのためより迅速でより良いサービスを提供するために提携しています

RippleNetのパワーを活用することにより、FXIPの顧客は世界中に送金する方法がすぐに改善されることに気付くでしょう。Rippleのブロックチェーン支払いは従来の支払い処理と比較して仲介者との接続を簡素化して取引の状態とコストを削減できます

リップルとのパートナーシップは、国際取引が処理されるまでの時間を短縮するだけでなく、取引をより効果的にすることができより少ない費用で済むようになります。

 

FXIPはアメリカとイギリスの国境を越えた送金にサンタンデール・UKと提携することで、

商業支払いを合理化するだけでなく世界的に支払いの機会を提供します。

 

リップルの最高経営責任者ブラッド・ガーリングハウスはリップルは、American Expressとサンタンデールが法人顧客がグローバルな支払いで経験する問題を解決するために大きな前進を遂げていると述べています送金をリアルタイムで完了しビジネスはより加速します

リップルのネットワークが拡大しています。

ここからいますぐRippleを手に入れてください

 

 

 

 

 

 

 

仮想通貨を今買って20年待って考えられないほどの富を得る

先週カリフォルニア州サンタモニカでICO 2.0 Summitを開催しました。

私の関心を引いたものはアメリカの証券取引委員会が

暗号通貨がバブル期に入ってる可能性を指摘したことです。

 

暗号通貨のコミュニティは新規公開コインに常に強気です。仮想通貨の価値は

大きく膨らみ始めています。新規公開コインは今年記録的に30億ドルを突破しています。

 

これらの問題や他の懸念事項について興味深いコメントが

いくつかありました。証券取引会は何をするでしょうか?

私はいくつかの弁護士と話しました。

そして証券取引委員会の会長が会議で大きな手がかりを述べました。

ニューヨークの証券取引所の演説の途中で

非公式の発言の中で彼は仮想通貨は証券と認められていないことに触れました。

 

これはデジタルコインが実際に有価証券であり

証券規制の対象となる規則があれば新規公開コインはより複雑でその価値が高くなります。

クラウドチェックのCEOサラハンクスは

新規公開コインの企業家は証券取引委員会の外で新規公開コインを行うことについて

非常に注意深く考えなければならないと語っています。

 

法的地位を改正するための計画を持っていたとしても

もし証券取引委員会が安全なルールを定めれば

良いことになりますが証券取引委員会はトークンを嫌うわけではなく詐欺を嫌っています。

 

これまでのところを暗号通貨の取引所コインベースは

ハッキングを含む330件の苦情がありました。2016年はわずか7件でした。

 

スタートエンジンのCEOである

ホワードマークス氏はこの問題を最もよく取り上げました。

彼はICOを影から守り法律に準拠させることがICO共同体の最大の課題であると述べています。

 

この会議では2回にわたって暗号通貨がバブルではないかと議論されました。

フライトベンチャーズのパートナーであるLou Kernerは

現在の暗号通貨の状態を amazon が最初

1.5ドルから86ドルに上昇し57倍になった状況に似ていると話しています。

それはバブルだったでしょうか?

今ではより価値が高まっています。

現在1130ドルあたりで取引されています。Kerner氏によるとこれはバブルではありません。

20年待って考えられないほどの富を得ることができるだろうと述べています。

 

サイエンス社のマイク・ジョーンズCEOは、需要が収縮するとバブルが爆発すると語っています。

現在は暗号通貨の需要が高まっていて今後も上昇すると見ています。

コインベースは1日に4万から5万人の新規ユーザーを追加していることを述べています。

 

そしてまだ機関投資家は入ってきていません。

証券化された新規公開コインであってもまだ早すぎると述べ現在機関投資家は

興味がなく傍観している状態です。

 

私が聞いた最も興味深い事実についてですが

フィデリティは暗号通貨を全面的に担当する

25人のチームがあります。

CEOのアビゲイル・ジョンソンが

暗号通貨を信じていることはわかっていましたが

チームに関するニュースは驚くべきものでしたアメリカの株式と

債券市場の希望に仮想通貨が入り込んで行くと

それはこの市場全体がさらに盛り上がることになります。

 

大麻合法化とビットコイン仮想通貨

CMEのようなビットコインの投資を実現
できるようにする企業のおかげで
現実世界での暗号化の統合はまもなく
普及するようになるでしょう。

ビットコインの基盤と他の仮想通貨は
ブロックチェーンの技術でそれ自体が
急速に成長しています。

それだけでなく将来のインフラになると
思われる分散型で透明な事業を行いたいと
思っている企業にとって最適な選択肢です。
世界のもうひとつの発展としては カンナビスの
迅速な合法化です。
これはブロックチェーンのテクノロジーと関係あります。
カナダの政府は既にカンナビスの法律について法的議論を開始しています。
この規制は2018年の7月に行われる可能性があります。

IBMは、ブロックチェーンはカンナビスの
歴史を透明的に把握して最終的に種子から販売までの
規制管理を実施しながら消費者の安全を
確保する理想的な仕組みでブロックチェーンは
暗号的に安全な共有台帳を使用して多くの
当事者間の複雑なトランザクションを
不可逆的に追跡する非常に効果的な信頼メカニズムと述べています。

ブロックチェーンは本質的に
分散されているためサイバー攻撃のリスクが大幅に軽減されます。
すべての記録も変更不可なので詐欺や
取引のリスクは極度に低くなります。
それは安全で完全にプライベートです。
アメリカのカンナビス の産業は70億ドルの価値があります。

世界各地での合法化を可能にする取り組みに
よって真剣に検討する時期が来ています。
また合法化されたカンナビスのトレーダーは規制上の
理由のためだけに現金の取引を行っています。
これにより現金の記録でいっぱいの
紙のファイルにつながる可能性があります。

これはつまりブロックチェーンの技術は
ペーパーレスの記録保存として役立ちます。
それはビジネスを行う透明な方法を提供することになります。

最近の新興企業は市場のアービトラージに気づいて
これらの現金のトレーダーとの取引を用意するために
ブロックチェーン技術を使用し始めています。
これらはカンナビス事業の75%近くを占めていて
これらの新しい事業にとって高い利益の
可能性があることを意味しています。
またブロックチェーンはすでにダイヤモンド取引の
履歴を検証する技術として使用されています。

仮想通貨の未来は現在違法とされているものと結びつき
合法化されることになるでしょう 。
手に入れておくべき仮想通貨
https://bitbestbuy.com/million2000/