2018末の5つの暗号通貨の価格

2018末の5つの暗号通貨の価格

暗号通貨への投資はすでに危険な命題であり
急速にゼロになる可能性がありますが
ビットコインイーサリアムリップルなどの
より確立された暗号通貨は2018年に大幅に増加すると見込まれています

しかしより新しい暗号通貨のいくつかは同様にモンスター級の利益を生み出します
そしてそれらは多くの場合$ 1未満で取引されています
2018年に購入するべき少なくとも次の5つは確保しましょう

2018末の5つの暗号通貨の価格

Bitcoin(BTC)
発売年:2009年
価格$10,100
時価総額:$1,697億(1位)
毎月の米ドル金額:$2,509億(1位)
どこで取引するか:
Bitfinex
GDAX
Bitstamp
Kraken
Bittrex
Binance
Gemini
Poloniex

主な特徴:Bitcoinは最初の暗号化として最も安全なネットワークと最も有名な「ブランド」を持っています

ユースケース:ビットコインとその県脳のネットワークの相対的な不足により
ゴールドに似た価値が作られました
しかしライトニングのような開発の新技術はビットコインの日々の取引のために実行可能になるでしょう
ブロックチェーンテクノロジーを使用する予定の多くの企業は
比類のないセキュリティでビットコインネットワークを再び使用するようになるでしょう2018年12月の価格の見積もりは$ 24,000から$ 250,000の範囲です

イーサリアム(ETH)
発売年:2015
価格:$ 810
時価総額:$792億(2位)
毎月の米ドル金額:$1006億(ランク:2)
どこで取引するか:
Bitfinex
GDAX
Bitstamp
Kraken
Bittrex
Binance
Gemini
Poloniex

主な機能:一つの巨大なグローバルコンピューターとして機能します
ユースケース:イーサリアムの能力は分散アプリケーションまたはDappsを実行できることです
また新規公開コインによって開始される他の多くの暗号通貨の基盤です
2018年12月の価格の見積もりはイーサリアムは少なくとも$1800を超える可能性が高く年末までは平均の予測で$3000です

リップル(XRP)
2012年開始:2012
価格$ 0.937
時価総額:$ 365.5億(3位)
毎月の米ドル金額:$ 429億(4位)
どこで取引するのか:
Bitfinex
Bitstamp
Kraken
Bittrex
Binance
Poloniex

主な特徴:リップルは銀行にクロスボーダー支払いをリアルタイムで決済する手段を提供します

ユースケース:国境を超えた支払いを合理化して時間を節約し銀行や大手金融機関に魅力をもたらす能力があります
その技術をどのようにして送金業務に組み込むのか銀行業界では賑わっています
300億コインという大規模の供給はそれがどれほど高くなるのかを制限することになりますそれでもリップルは1月初旬に$ 3.75の高値をつけました少なくとも年末までに$ 2.5まで上昇し1月の高値を再び目指す良い機会があります

Litecoin(LTC)
発売年:2011
価格:$ 197.3
時価総額:$109億(5位)
米国ドルの月額:$243.8億(ランク:5)
購入する場所:
Poloniex
Bittrex
Bitstamp
Kraken
Bitfinex
Coinbase
Binance

主な機能:ライトコインはビットコインのコードをベースにしています
支払いの高速化取引容量の増加ゼロに近い手数料のために設計されています

使用例:ライトコインは日々の使用に理想的です
2月26日にLitePayがスタートしましたLitecoinにVisa対応のプリペイドカードを使うことができます
LitcoinはBitcoinのコードと類似しているためSegWitやLightningのような新しいビットコインテクノロジーの開発をすることになっています
2018年12月の価格の見積もりはLitecoin Cashハードフォークの成功とLitePayやその他の開発によって少なくとも$ 400から$ 500が可能です

Monero(XMR)
発売年:2014
価格:$ 286
時価総額:$45億(ランク:11)
米国ドルでの月次出来高:$23.3億(ランク:24)
取引する場所:
Poloniex
Kraken
Bitfinex
Bittrex
Binance

主な特徴:Moneroはトレース不可能で匿名の取引を容易にするために
特別に作成されました

ユースケース:リバタリアンや他の反政府人には魅力的ですが犯罪者や闇市場には明らかな用途があります
最近のトランスクリプト攻撃ではハッカーはビットコインではなく
Moneroで支払いを要求していましたXMRの支持者は
その匿名性が競合他社の目を引きます
2018年12月の価格見積もり平均価格は$ 450です

テレグラムICO最新情報

テレグラムがプライベートのプレセールを行おうとしています
テレグラムは秘密の第2回目の販売が公開される前に
認定投資家からさらに多くの資金を調達しようとしています
正確な金額はまだ決定されていませんが1回目とほぼ同じになると見積もられています

テレグラムのICOはこれまでで最大のものでありテレグラムのオープンネットワークや
アプリサービス及びデジタルと物理的な商品のストアを備えた
イーサリアムのようなエコシステムであることが約束されています

しかし技術的な部分についてはまだ不十分でありテレグラムの高い評価は
その技術の価値よりも誇大になっています
プレセールの割引は公開価格の30%から80%の範囲内です
テレグラムの需要がある場合より多くの資金を調達することは理にかなっています

SECはICOの監督を強化しておりテレグラムが米国でICOできない可能性があることが報告されています
テレグラムのICOは3月に予定されていました

世界中で最も期待されている暗号通貨の一つであり
シリコンバレーのベンチャーキャピタル企業をひきつけているのは初めてのことです

投資家に配布された132ページのホワイトペーパーによると
ファイルストレージ、DNSサービス、TONの一部としての広告スワップなど
ブロックチェーンベースの製品に資金を投入する予定です

毎秒何百万件ものトランザクションを処理できるという野心的な主張をしています
ホワイトペーパーの多くはビジョンを得ることがメインで
それがどのように提供されるかについてははっきりしていません

テレグラムのICOの魅力は2億人のユーザーを抱えていることと
プラットフォームの将来について発展の可能性があります

ユーザーが増えればプラットフォームがうまく機能するかどうかは初期投資家にとってはさほど問題ではないかもしれません
彼らがすぐにトークンを売ることを制限する期間があっても
割引でコインを購入した投資家は上場の段階で売却することで利益を確保できるからです
テレグラムICOに関する最新情報はここにメールアドレスを送信してください

EOSトークン 無料配布AirDrop

オンライン百科事典のクリエイター

EveripediaはWikipediaのライバルで

ブロックチェーンの戦略を持っており

暗号通貨EOSのブロックチェーンを使用する計画をしています
すでにEOSトークンを保持する人々に

AirDropが行われる予定ですEveripediaのCEO
KazemianはICOSは基本的に現金を獲得することになると語っています

暗号通貨がもたらす第三世界

ジョンマカフィーは5年後に世界の半分以上が暗号通貨を使用すると述べました
これはかなり勇敢な予測です米国や中国のような経済大国が暗号通貨に既存の通貨が置き換わることを可能にするとは考えていませんしかしマカフィーは世界規模で考えています

暗号通貨がもたらす第三世界は次の通りです
暗号は第三世界を支配します現時点ではグローバルなマネーシステムは集中化から
分散化への前例のない移行を経験しています
暗号通貨とそのインフラとブロックチェーンの出現はこの変化の背後にあるプレーヤーです
より安定した国際的な社会に解放しています例えばベネズエラは中央銀行がインフレの急増に追いつくのに苦しんでいます銀行は紙幣の悲惨な不足に直面しています
首都カラカスと地方銀行ではATMが空になっているため顧客は1日にわずか数セントしか引き出せません
国際通貨基金IMFは今年末までにインフレが13,000%に上昇すると予測しています
そのためベネズエラの指導者ニコラスマドゥーロはベネズエラの石油バレルに裏打ちされたデジタルコインを使って暗号文化に取り組むことを選択しました
この新しいデジタル通貨であるペトロのコインは2月20日に機関投資家に売却される予定です

そしてペトロが分散化されるためマドゥロは課された過酷な制裁を回避することができるかもしれませんイランやロシアのように他の国々もこのような制裁逃れの暗号通貨スキームの真っ只中にいます

実際5年後には暗号の世界は今日とはまったく異なって見えるかもしれませんMcAfeeの考えは正しいですそれは暗号投資家にとってはすばらしいニュースです
暗号通貨は世界の多くの地域で唯一の答えである阻止できないトレンドです
暗号通貨はすぐに全世界の国家経済の不可欠な部分になる可能性があります
前例のない高値に暗号通貨が上っていく大きな変化が起こります暗号通貨に乗り込むことは重要です