IBMの最新ブロックチェーン

ブロックチェーンをベースにした
いくつかのプロジェクトを開発している
IBMは現在デジタルトークンゲームに
乗り出しています

IBMはブロッククレジット会社の
Veridium Labs Ltd.と提携して
カーボンクレジットを分散型取引所で取引できる
デジタルコインに変換します
トークンはStellarネットワーク上で発行され管理されます

過去10年間で約48億ドルが民間市場の
炭素クレジットに使われていました

IBMのIndustry Platformsと
Bridget van Kralingenは
火曜日のCoinDeskのコンセンサス会議で
このプロジェクトを発表しました

このトークンはVeridiumの姉妹会社である
InfiniteEARTHがボルネオのRimba Raya
レインフォレストの開発と管理のために受け取ったクレジットで
裏付けられ炭素排出量を相殺したい企業が購入することができます

トークンはまた企業が環境への影響を定量化する
プロセスを容易にします

InfiniteEARTHが受け取るカーボンクレジットは
途上国の森林破壊と森林劣化による
排出を削減するために作られたREDDとして知られています

これはIBMの最新ブロックチェーンです

Amazonはビットコインを採用

Amazonがビットコインを採用する可能性はますます高くなっています

Amazonは毎日処理するトランザクションの量が多いため

常に暗号通貨空間で巨人です

 

大手の小売業がビットコインを支払い形態として採用し

新しい実質的な流動性の源を確保します

 

AmazonはBitcoinを採用するでしょうか?

Amazonはまだそのような大胆な動きをしていませんが

何らかの形で暗号通貨市場に関与する意向の表れを静かに見せています

2017年Amazonは下記のドメインを購入しています

 

Amazonethereum.com

Amazoncryptocurrency.com

Amazoncryptocurrencies.com

 

2017年12月6日AmazonとのR3 DLTコンソーシアムとの

パートナーシップ発表しました

この提携によりR3のCordaプラットフォームはAWS上に導入された

初の分散型元帳技術ソリューションになりました

 

Cordaプラットフォームにより

ユーザーは分散アプリケーション(DApp)を作成して

AWSプラットフォームに展開できます

 

Amazonの特許は2018年4月17日に承認されました

Amazonは最近ストリーミングデータマーケットに対する特許承認を取得しました。

 

これはブロックチェーンコミュニティの全体的な勝利になるでしょう

ビットコインと暗号通貨が広く普及し続けるためには

政府と同様に国民もブロックチェーンの技術が監視されていることを

保証する必要があります

Amazonはそれを助けることになるでしょう

 

AWS Blockchain Templatesはオープンソースフレームワークを使用して

セキュアなブロックチェーンネットワークを

迅速かつ簡単に作成し展開する方法を提供します

 

ブロックチェーンは複数の当事者が信頼できる

中央権限を必要とせずにトランザクションを記録できる

アプリケーションを構築することを可能にするテクノロジーです

 

ブロックチェーンを使用するとネットワーク内の各参加者が

トランザクションが記録されている共有元帳にアクセスできる

ピアツーピアネットワークを確立できます

これらの取引は設計上不変で独立して検証可能です

 

2018年には規制と監視の強化暗号通貨市場への

関心の高まりなどが予想されます

 

Amazonのような主要な参入者がビットコインと

ブロックチェーンにもっと明るい未来を発揮するようにつれて

近い将来Amazonはビットコインは他の暗号通貨と

強く関係することになるでしょう

まだ確信していませんが私たちは将来にふさわしいものを

得ることになるでしょう