ビットコインのハードフォーク「分割」について

SegWit2xとして知られるビットコインの「分割」について

聞いたことがあるかもしれません。

数週間前に取り消され、わずか1週間前に通知されました。

これらの出来事を理解することは重要ですのでこれがどのように働いていて何を意味するのかを話します技術的にはこの分割されるイベントはハードフォークと呼ばれますビットコインのマイナーが規則を気に入らず分割して新しいバージョンを作成します。

ハードフォークはビットコインキャッシュで起こりました

ビットコインのマイニングをかなりの割合で保有するマイナーのグループは分散化されていない支払いに重点を置いたコインを望んでいませんでした

その結果としてハードフォークはビットコインの価格に顕著な影響を及ぼしませんでしたがビットコインの所有者は無料のビットコインキャッシュを入手しました

これはビットコインを増やすために売却するかまたはヘッジの手段として保持することができます

 

SegWit2xの失敗がBitcoinに適している理由

マイナーの約80%がサポートしていました

しかしオリジナルのビットコインのコミュニティはSegWit2xに強く反対しました。

重要なことはビットコインのコアの開発チームはこの変更に強く反対したことです

Bitcoin Foundationの「コア」のソフトウェアである

Bitcoin Coreからの移行を意味していました。

 

したがって、常にビットコインのコアコードを実行していた人たちは

強い影響力を発揮することができません

そのため市場はもうBitcoin Coreのコードが好きではないと判断し

他に切り替えることができます。

 

しかしコミュニティは依然としてBitcoin Core開発者のビットコインのビジョンを

サポートしています

マイナーや取引所だけがこのフォークを望んでいたようです。

人々はSegWit2xに激怒し、それを敵対的な攻撃と呼びました。

 

その理由のひとつとしてリプレイ保護がありませんでした

つまり、S2Xのコインはおそらくビットコインのブロックチェーンと混ざり、

いくつかの問題を引き起こした可能性があります。

 

SegWit2xの反対派は

この開発は十分にテストされていないと述べています

そしてそれはブロックチェーンが持続することを不可能にする

可能性があることにつながります

メガコンピュータだけがそれを掘り起こしたり「ノード」を動かすことになります

これは本当に戦いでした。

マイナーや取引所はSegWit2xをサポートしていましたが

Bitcoin Coreと大きなコミュニティが反対しました。

 

Bitcoin Coreと元のコミュニティが勝ったのです。

これはビットコインにとって非常に良いことです。

それはフォークをもう一度やり直さないということを意味するのではなく、

コミュニティーがビットコインの方向性に大きな発言をしていることを示しています

 

マイナーはSegWit2xを取り除くことができると考えました。

彼らは非常に自信がありました。

彼らはマイニング権の85%を持っていました。

 

Bitcoinはまだ初期の段階からそれを維持してきた人々によって運営されています

 

そして2017年末にCME Groupの投資先物に

ビットコイン交換取引所の資金が追随する可能性があるため、

ビットコインおよびすべての暗号通貨にとって重要な時です。

ビットコインが安全で豊かな取引手段になることがより確実になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です