アマゾンが仮想通貨を受け入れる

中国の規制当局は
新規公開コインを介して
新しい仮想通貨の資金調達を
禁止する声明を発表した後
仮想通貨市場は急落しました。

規制当局の声明には
ビットコインとイーサリアム
それぞれの仮想通貨を
下落させる影響力がありました。

これは規制当局が仮想通貨を
コントロールしようとする動きであり
過去に何度も起こっています。

米国、シンガポール、韓国、香港の
規制当局は、すでに新規公開コインへ
送金することに関する同様の警告を
出しています。

この市場が成長し続けると
規制当局はますます
自国の利益を保護するために動きます。

規制当局はジレンマを持っていますが
彼らは完全に仮想通貨を
禁止することも出来ますし
変化する市場を受け入れるための
開発をするために
働きかけることができます。

彼らは両方を試しています。

私たちは今までに見てきた様に
薬やデジタル音楽の著作権侵害において
政府は人々が望む商品やサービスの禁止を
強制することにおいて
ひどい実績があります。

一方で完全に閉鎖されていない
仮想通貨市場はこの不確実性は
非常に大きなチャンスを表しています。

仮想通貨において非友好的な
規制措置は将来において
チャンスを生み出します。

実際には仮想通貨はまだ
その可能性に達していません。
アマゾンが仮想通貨を受け入れる様になると
それは仮想通貨の市場に
多大な影響を与える可能性があります。
その日付は近づいています。

同様に主要取引所で
適切なビットコインのETFや
証券取引委員会の承認は
ビットコインや他のアルトコインにおいて
大規模な影響を与える可能性があります。

証券取引委員会の承認はビットコインや
他のアルトコインにおいて
最終的には、世界中の規制当局が設計し、
投資家を保護しながら技術革新をサポートして
協力する様になります。

これが起こるまでは規制当局はおそらく
仮想通貨市場に恐怖、不安、噂などを流します。
罰則を定めることができません。
今後の政府の行動は
仮想通貨市場において絶好の買いのチャンスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です