2018年始めにビットコインは10000ドルへ

ビットコインは最もホットな金融資産です。

新たな金融商品は
早ければ2018年の初めに
登場します。

ビットコインと
オプションそして先物取引
ETFなどです。

アメリカの商品先物取引委員会が
通貨スワップのための
清算サービスを提供するために
LedgerXに許可を付与しました。
ビットコインのオプションを
提供すると発表しました。

そしてシカゴオプション取引所は
今後数ヶ月の間にビットコインの
先物取引を稼働する計画をしています。
規制当局によると2018年の
第1四半期に取引を開始します。

これらは潜在的にデジタル空間において
数十億ドルの取引を可能にします。

はるかに大きな顧客ベースに
市場を開くことになります。

ビットコインの市場は
必然的に価格が上昇します。

LedgerXの最高経営責任者は
「我々はビットコイン市場に
参加できなかった時から
強い需要を見ています。」と、
述べています。

CFTCのアプローチは、
今年初めにビットコインのETFを
証券取引委員会(SEC)が
拒絶したのと対照的です。

一部のETFの発行者や
ファンドは目論見書によると、
米国の上場ビットコインに
リンクされたデリバティブ
商品に投資します。

これらのことから
ビットコインの価格は
短期的に5000ドルから
1万ドルに跳ね上がります。
デリバティブ市場が
オープンになることで
需要が拡大し仮想通貨市場は
全体的に盛り上がっていきます。

金融商品にリンクしている
アルトコインを特定しています。
この情報も今後共有していきます。
しばらくお待ちください。

ビットコインの価格は2022年に550万円超え

ジェイミーダイモンが

ビットコインを嫌いな

本当の理由は

 

ジェイミーダイモンはウォール街で

間違いなく最も影響力がある人物で

アメリカ最大の銀行のトップは

ビットコインを侮辱しました。

 

これらはビットコインの価格に

ボラティリティの影響がありました。

ダイモンビットコインを

詐欺と呼びました。

ウォールストリートの銀行家から

予想できる様に

ダイモンは自分の理想的なことに

興味を持っています。

 

そしてビットコインや

他の仮想通貨が継続して

成長することができないだろうと

警告しています。

 

金融の分野を改革するために

仮想通貨の可能性を理解し

組織としてビットコインの後に

続く仮想通貨は何なのか

ダイモンは仮想通貨全体に対する

恐怖を煽っています。

 

ビットコインは個人が

伝統的な銀行システム以外で

取引を行うことを

可能にするシステムであることを

最初から設計されました。

 

要するにビットコインは

JPモルガンチェースなどの

銀行は時代遅れにするために

設計されています。

 

銀行管理とビットコインは

強いネットワークであり

既存の銀行システムは

中央銀行や政府によって

制御されています。

 

少なくともビットコインの

可能性はウォール街を

破壊する可能性があることを

理解しています。

 

ダイモンは株主への

毎年の恒例の手紙の中で

2015年4月にビットコインに

ついて言及しています。

 

ビットコインの様な

より早くより安く

そしてより安全な

決済システムから

私たちが学ぶことは

多くがそこにあると

述べています。

 

彼はウォール街へのコメントよりも

ビットコインに対して話すだけで

それは市場にとって恐怖や

不確実性とスプレッドを

生み出します。

 

ビットコインは非常に

投機的な市場であり

バブルであると述べています。

 

ビットコインは

他の新しい仮想通貨が

登場しているにもかかわらず

その支配的な地位を

保持しています。

 

ウォール街の巨人たちは

ビットコインを取得しない場合でも

他の著名な投資家

特にベンチャーキャピタリストの中で

前向きになっています。

 

一部ではビットコインの価格は

2022年に550万円を超え

10年間で1000万円になると

述べています。

 

一生に一度の利益の可能性は

わずかな金額で

スタートできます。